MENU

FXでの取引

オプション取引とは、株式や債券や商品などの相場において、一定の期間や期日において、一定の数量のそのものを、あらかじめ決定した価格にて買う権利や、売る権利そのものを銘柄として売買取引する投資取引のことになります。

これに対して、FXは外国為替証拠金取引とも呼ばれており、世界中の国や地域から発行されている通貨を二種類で一組の通貨ペアとして銘柄にし、これを互いに売買取引していく投資取引の形を取っているものになります。

オプション取引には、その仕組や取引の利便さなどを考慮して、実にさまざまな取引ルールの設定があり、わたしたちが身近に投資を行えるオプション取引としては、バイナリーオプションが挙げられます。
FXでの取引きと、通貨を銘柄にしたバイナリーオプション取引を比べた場合、同じように通貨を銘柄にしているものの、さまざまな違いが存在しています。

オプション取引を元にしたバイナリーオプションの場合は、現在の通貨の為替レートが、一定の期間の後に、あらかじめ定められている価格よりも上になっているか、下になっているかというような、決められた条件を達成できるかどうかの予測を行い、その予測に対して資金を投資していきます。

これに対し、FXでは通過に対しての売り注文と買い注文という二つの注文を利用し、新規に通貨を保持するタイミングでの注文と、保持した通貨を解消する決済のタイミングでの注文を繰り返して行っていきます。

こうしたことにより、バイナリーオプションでは、一回の注文で一定の期間で投資の成否が判定され、その判定の結果によって、あらかじめ決められている金額の利益が受け取れ、投資した金額が全て失われるという仕組みになっています。

一方のFXでは、新規注文で通貨を保持し、通貨の価値が決められている外国為替市場の為替レートの変動の動きを待って、そのレートに利益の差が生じた時点で決済注文を行うことによって利益が出る仕組みになります。
もちろんこの場合、保持した通貨よりも損失が出た時点で決済を行えば損失になり、例えば、1ドル100円の相場でドルに買い注文を行い、これを決済した時に1ドル120円になっていれば利益が出ますが、1ドル80円になっていれば損失が出るという仕組みになっているのです。

このように、どちらも通貨を使った投資取引になっているのですが、外国為替市場のレート変動を利用して直接に売買取引を行っているFXでの取引と、おなじ為替相場のレート変動のそのものを利用して、それに対して条件が達成されたかされないかを判定する投資を行うバイナリーオプション取引では、大きな違いがあるのです。