MENU

解説本やDVD

わたしたちが資産を運用するためには、投資取引などを利用して資産を増やしていくことを行いますが、こうした投資取引の一つにオプション取引があります。

オプション取引とは、株取引やFXのように、資金を投入して実際に株券や通貨を購入し、その相場の変動を利用して相場差益などを求めていく投資取引とは違い、一定の期間や期日が先となった相場において、一定の数量の銘柄をあらかじめ決めておいた価格で売ったり買ったりすることができる権利そのものを、売買取引するという投資になります。

オプション取引の内容は、相場の動きや取引の仕方などにより、非常に複雑になることがあり、またその分、投資取引としては非常に戦略性の高いものとなっているために、中級、上級者の投資家に高い人気を集めているとされているのです。

こうした事から、初心者の投資家には比較的に敷居の高いものとなっており、そのぶん、オプション取引を解説したり指南をする内容の本やDVDなどが本屋でも多く販売されています。

例えば、売買取引されるオプションにしても、買う権利であるコールオプションと、売る権利であるプットオプションの二種類があり、さらにコールオプションに対して売り注文を入れる場合、買い注文を入れる場合、プットオプションに対して売り注文を入れる場合と買い注文を入れる場合では、その取引の特性や内容が大きく違っているのです。

オプション取引では、相場の状況などにもよるのですが、プットオプションやコールオプションなどを買って取引を行うのか、売って取引を行うのかによっても、その勝率と得られる利益が大きく違っています。

オプションの権利を買った場合には、一定の期間が経過した後に相場の金額と購入したオプションの取引の設定価格に差益がある場合には、権利を行使すればその差が利益となるために相場の変動が大きくなればより利益が得られることになります。
また、相場の動向によって差損が生じた場合には、その権利を放棄することによって、損失を権利購入の金額でおさめる事ができるのですが、その分、取引の成功率が低くなっているために利益を得られる機会が少なくなっているのです。

この逆で権利を売った場合には、利益はその権利を売った金額に限定されますが、万が一相場と権利の価格が大きく損失方向に乖離した場合には、その損失が大きくなってしまうのですが、その分取引の成功率は非常に高くなっています。

このようなことから、オプション取引については、こうした内容を説明した入門書や解説書がたくさん出ており、ほかの投資取引と比べても、こうした本を読んで知識を高めていくという事が必要とされる事の多い投資取引だといえるでしょう。