MENU

オプション取引の戦略

オプション取引は、その取引の条件付けにおいてさまざなま取引ルールが存在しており、その戦略もいろいろと違いがあります。

オプション取引自体は、通貨や株価などの原資産と呼ばれるものを、あらかじめ決めた価格で、一定期間の後に売る権利や買う権利を銘柄として、売買取引を行うものになります。
このシンプルな取引のルールをバニラオプションと呼んでおり、これに対していろいろな条件などを付け加えたオプション取引をエキゾチックオプションと呼んでいます。

こうしたオプション取引で、比較的簡単に行える取引ルールは、エキゾチックオプションの一つであるバイナリーオプションになるでしょう。
近年では、インターネットを利用した投資が盛んにおこなわれており、簡単な取引ルールで行えるバイナリーオプションは、通貨を銘柄にしていることなど関係して、外国為替証拠金取引であるFXを取り扱っている証券会社や取引業者において、金融商品として取り扱いがされているのです。

バイナリーオプションにもさらに取引ルールによって種類があり、その中でも代表的なものはハイアンドローオプションというものになります。

これは為替相場などの相場レートが、一定時間が過ぎた投資の満了期間時に、あらかじめ決めた相場レートよりも上になっているか、下になっているかを予測するもので、どちらかに予測を立ててそこに投資を行うものになります。

この予測が当たることによって、あらかじめ決められている配当金が利益として受け取れ、外れた場合には投資金が失われます。

取引ルール自体は為替レートが上か下かの判定になるために、その勝率は無作為でも50%の確立となっており、またその手続きも予測をして投資をすれば、自動的に結果が分かる仕組みになっているために、初心者の投資家にも高い人気を持っている取引になります。

バイナリーオプションの戦略としては、相場の変動をしっかりと予測し、その勝率をさらに高めていくことになります。
無作為で50%の勝率になりますが、実際には得られる配当金が、手数料などの取引業者の利益も含まれているために、投資金額よりも小さく設定されていることにより、利益を出すためには60%以上の勝率が必要であるといわれています。

こうした事から、相場を予測して予測の的中率を上げていくことが第一になり、また、その予測によって、予測が堅そうな相場であれば大きな資金を投じて大きな利益を取り込み、予測が弱い相場であれば投資金額を小さくしたり、投資を行わないなどによって、利益を大きく損失を小さくしていくことが、基本的な戦略になっていきます。