MENU

会計処理の仕訳

通貨や株式などの市場取引が行われているものなどを原資産として、その原資産などを、一定の期間や期日の後に、一定の数量のものをあらかじめ決めた価格で売ることができる権利、もしくはあらかじめ決めた価格で売ることができる権利という、これらの権利をのものを売買取引するものをオプション取引と言います。

オプション取引には、バニラオプションと呼ばれるシンプルな取引ルールから、一定の条件これに付け加えているエキゾチックオプションと呼ばれるものもあります。

なにも条件が付け加えられていないシンプルな取引ルールであるバニラオプションでは、あらかじめ決められた価格で買うことのできる権利を取引するコールオプションと、あらかじめ決められた価格で売ることのできる権利を取引するプットオプションという取引があります。

この事によりオプション取引では、行われる取引の形態に四つの種類があり、決められた価格で買う事の権利であるコールオプションを買う取引、同じくコールオプションを売る取引、また、決められた価格で売る事の権利であるプットオプションを買う取引、同じくプットオプションを売る取引が存在します。

この際にコールオプションであれプットオプションであれ、この権利を買うためにはその価値に対する金銭を支払う必要があり、こうしたオプションの価格のことをオプション料やプレミアムなどと呼んでいて、これを支払うことによってオプションを手に入れる事ができます。

オプションを購入した買い手は、この権利を施行することも施行しないことも自由に行うことができ、利益が得られない可能性が高く権利を施行しない場合においても、その損失は最初に支払ったオプション料が失われるだけになります。
これに対し、オプションの売り手は売った時点で利益を得る事ができますが、買い手がその権利を施行した場合には、その施行された権利に応じなくてはならないという仕組みになっているのです。

こうしたオプション取引は、会計処理の仕訳においては金融商品に関する会計基準に基づいて、期末に時価評価が求められるものになります。

例えば、ある原資産を5000円で購入することができる権利であるコールオプションを買った場合、その権利のオプション料として代金として1000円を支払ったとします。
これによって、会計上の記入では、買建てオプションとして金額が1000円になり、同時に貸方に現金として金額1000円が記されることになります。

これが決済時に原資産の時価が5200円になり、オプションの時価が1100円と算定された場合には、時価評価の損益は1100円から1000円を差し引いた100円となるのです。
このようにして、会計処理での仕訳を行う際には、その時価評価の損益集計をおこない、記入を行っていくことになります。